忍者ブログ

扶養範囲と通勤費 - 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18|コメント(-)トラックバック(-)

扶養範囲と通勤費


できれば、扶養範囲となるため、通勤費のことを考えて、給与の手取額が90000円くらいにするのが望ましいです。
これは.税法上の扶養範囲であり、社会保険上になるとその額は変わり、130万円未満でなければなりません。
主婦がパートで働く場合、扶養範囲にうまく収まるよう、しっかりと収入をコントロールしていかなくてはなりません。

扶養範囲になるには、決められた収入の額を超えないようにして、その額を調整しなければなりません。
結果的に扶養範囲を超えてしまうと、旦那の税金が増えてしまうことになり、元も子もなくなります。
なぜなら、扶養範囲においては、税法上の通勤費は、実費必要経費の位置づけになり、所得ではないという考えがあるからです。
税法上の扶養範囲では、通勤費は含まれないことになりますが、非課税限度額はあります。
税法上、社会保険上、それぞれ扶養範囲については要件がありますが、気をつけなければならないのは、通勤に要する通勤費です。
いずれにせよ、扶養範囲で働きたいと考えているなら、通勤費も含めて、その範囲の枠を超えないようにしなければなりません。
所得税法では、扶養範囲については、通勤費は除外されますが、保険上は通勤費が収入に含まれるので、計算上、間違えてはいけません。
PR

2013.02.26|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]