忍者ブログ

パートで働く場合の扶養範囲 - 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18|コメント(-)トラックバック(-)

パートで働く場合の扶養範囲


この場合にパートは、扶養範囲となり、その範囲について、適当であるかどうかを心配する必要がありません。

扶養範囲については、パートの収入がまず、103万円を超えてしまうとどうなるかを知る必要があります。
パート扱いであっても、正社員と同じ仕事をしている労働者になるので、扶養範囲に入るかどうかというのは、気になるところです。
パートで扶養範囲であるかどうかが心配になるケースは、労働時間が35時間を越えている人ということになります。
扶養範囲を超えて、家計収入がプラスになる160万円以上のパート労働者になると、責任も重くなります。
扶養範囲に入らなくても、税負担増が気にならないパートの人はいいのですが、そうでない人は気をもみます。

扶養範囲を超えたパート収入で、家計がプラスに転じるのは160万円以上の稼ぎが必要になります。
つまり、扶養範囲の境界線ぎりぎりの人は、家計収入が減少してしまうということが危惧されます。
その差の50万円くらいを低賃金のパートで稼ごうとすると、かなりの労働時間が必要になるので、賢く扶養範囲に留めておくほうが賢明です。
夫の企業から支給されている数万円の配偶者手当てがなくなるということは、扶養範囲に影響を与えます。
PR

2013.02.23|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]