忍者ブログ

営業トークで注意したいオウム返し - 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.07.25|コメント(-)トラックバック(-)

営業トークで注意したいオウム返し


こうしたことからもただマニュアル通りの営業トークではお客様がオウム返しで応えるようになってしまうのです。
そこでもしも聞いてくださっているお客様が営業トークに対してオウム返しをしているのであれば、切り口を変えるしかありません。
お客様が営業トークにオウム返しを行っている場合、熱心に聞いてくださっていると勘違いしやすいものです。
やはり会話になっていないということは、お客様が拒否を暗に示しているわけですから、気をつけなければならないのが営業トークです。お客様と会話のキャッチボールができるようであるならば、その売りたいものが売れるかもしれません。
しかしお客様が営業トークに対して、オウム返しを繰り返している場合であったならば、おそらくは売れないことでしょう。
ですからお客様が営業トークから売りたがっているものに興味を示していないことを伝えてくれるのがオウム返しです。
そういうことからも普段からオウム返しをされないために、どのように話していったらいいのかを考えるべきなのが営業トークです。

営業トークは滑らかに行っていくことが良いとされていますが、お客様の反応がオウム返しでは失敗です。
お客様がオウム返しをせずに、積極的にその売りたいものへの質問をしてくださるように展開することも重要なのが営業トークです。
営業トークとオウム返しの関係を調べてみましょう。
PR

2013.01.27|コメント(-)Trackback(0)
トラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]