忍者ブログ

就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.11.25|コメント(-)トラックバック(-)

ケアマネの資格の合格率


ですから、勉強不足の方がケアマネの資格を受験するので合格率が下がっていると見ている方もいるようです。
ケアマネの資格が設けられた当初の合格率は、4割程度だったのだとか。ケアマネの資格の合格率は2割程度のようです。
ケアマネの資格は何人しか合格できないというのではなく、何点以上を取らないと合格できないといった点数制のようです。

ケアマネの資格の合格率は年々下がっていますが、合格者の輩出数には目標があるのではないかと見ている方もいるようです。
今、日本は高齢化社会にあり、ケアマネの資格を取得しておくと就職や再就職に有利となるのだとか。
ですから合格率を見る限りだと、ケアマネの資格を取得するのは大変難しいと感じてしまいます。
ケアマネの資格を取得するには、介護支援分野と保健医療、福祉分野で合格点を取得していなければなりません。
ケアマネの資格に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
もしも合格者の輩出数に目標があるのであれば、ケアマネの資格の合格率が下がっているのは受験者が増えたことが原因と考えられるでしょう。
ですから、ネットでケアマネの資格の合格点についても調べておくと良いと思います。
PR
2015.04.16|コメント(-)トラックバック(-)

ケアマネの資格の合格基準


介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の両方がケアマネの資格取得の試験には出題されるのだとか。
そして、ケアマネの資格のどちらの分野も7割以上の点数が合格基準になるようです。
ですからケアマネの資格の合格基準をクリアするために、自分はどの区分が免除されるのかを知っておくと良いでしょう。
ケアマネの資格に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
それだけ問題が難しくなっているというよりも、ケアマネの資格を取得しようと受験者数が増えているからなのだとか。
ただ、ケアマネの資格の試験を受けるまでに取得している資格がある方は免除される試験区分があり、合格基準は一概に7割程度とはいえないのだとか。
ケアマネの資格の試験問題の出題範囲は、厚生労働省が公表してくれるのだとか。

ケアマネの資格を取得している方の需要が、高齢者の数が増えている日本では高まっているようです。
ケアマネの資格の合格基準をクリアして、見事資格を取得するという方は、年々減っているようです。
ですから、どれぐらいの点数を取得すればケアマネの資格の合格基準をクリアすることができるのか、詳しくネットで調べてみると良いでしょう。
2015.04.15|コメント(-)トラックバック(-)
Copyright © 就職転職・アルバイトに役立つ就活情報とビジネス情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]